下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

一生ものを買うということ。それがたとえスニーカーであったとしても。

f:id:kenji_2387:20171111205210p:plain

ニューバランス1400を買っちゃった。

ずっとずっともう数年悩んでました。買おうか、買うまいか。

でも、とうとう、ついに、やっとで買ってしまいました。

 

f:id:kenji_2387:20171116203257j:plain

 

たかがスニーカー、されどスニーカー。

スニーカーに、言ってみれば、運動靴に、2万円超えとかどうなんでしょうね。

もちろん何倍もする高価なスニーカーがあることは知ってます。でも自分にとっては、所詮履物に、超消耗品であろう物に、2万円超えは高価過ぎです。

 

機械式の腕時計だったらオーバーホールしてそれこそ孫の代まで使えるでしょう。
革靴だったら底を張り替えたりして、何年も何十年も履けるでしょう。でも運動靴のすり減ったソールを張り替えた話は聞いたことないです。
さらに僕はものすごく歩き方に癖があるようで変な形にすり減ります。すぐに。

 交換可能なものは、靴紐と、あとせいぜい中敷きでしょうか。

 

でもね、気が付きました。思い出しました。

僕は意外と物持ちがいいんです。そして、気に入ったものは大事に使い、メンテナンスも欠かしません。

 

 

 

 

 

だから、きっとこのニューバランス1400は10年は履くんじゃないかな。

もちろん毎日なんて履かないし、最初のうちは、雨の日は履かないでしょ。

 

 

その履き心地も楽しみです。

f:id:kenji_2387:20171116203258j:plain

 

いままでニューバランスは各種履いてきましたが、今回買ったのは、1番数字の大きい種類です。ものすごく履き心地がよく、スニーカーのロールスロイスと呼ばれているとかいないとか。

 

もったいなくて、行儀も悪く、不吉とされているところもありますが、まだ部屋の中でしか履いてません。でもね、しまっておいたり、飾っておくだけなんてもったいない。

 

スニーカーは履いて、歩いて、走ってなんぼのものでしょう。

早くしないと雪降っちゃうよ〜。

 

うんと大切に履いて、何年も履いて、それでいろいろ消耗して駄目になってしまったらそのときまだこのスニーカーに惚れ込んでいたら、すっかり同じものを購入する。

そういう「一生もの」という考え方もありだと思います。

 

 

ではでは。