下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

ココナラで「お金に好かれる!お金が貯まる!」という情報商材を買ってみた。

知識・スキル・経験など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケットであるところの「ココナラ」からメールが届きました。

 

f:id:kenji_2387:20170919063251j:plain

 

そうか、誕生日もいつのまにか登録してたか。
以前ブログなどで使う似顔絵を描いてもらったことがあります。
とてもリーゾナブルで良いサービスでした。

 

www.kenji2387.com

 

 

さて、プレゼントされた、500円である。

もちろん、さらに自分で金額を足してより高価なサービスを享受するのもありでしょう。でも500円あれば…。

そこで、いろいろと見てみると。

coconala.com

結構いろいろなサービスが有るものですね。
似顔絵はもういいし、電話で悩み相談も恥ずかしいし、手作りの物もな~。

ということで、思い切って情報商材に手を出してみようかと思いました。

普段だったら絶対に買うことはないでしょう。むかしはオークションでよく見掛けましたが、最近はココナラにも結構あるんですね。

正直、あまり信じてません。でも実質タダだから。一体どういう感じで、コチラが怒り出さない、納得させる形で商売しているのか(あまり酷い場合はココナラから追い出されると思うし)そういう儲け方もあるのかとかいろいろ知りたかったからです。

こういう僕みたいなのも、いいカモなのでしょうか。

 

 

以前、怪しい情報商材のネタ(オチ?)を暴露しているサイトがありました。
酷いものも結構あったみたいで、ブックオフとか行って100円の本を買いまくってオークションに出品しまくれば、中には自分でも気が付かなかったお宝本が含まれていて、凄い金額で落札されるでしょう、とかいうずっと夢の中にいる人のネタとかいろいろあって面白かったです。

中でも秀逸だったのは、半永久的に500円~1,000円稼ぎ出す方法という商材。
なんのことはなく、全く同じ文を書いてオークションに500円~1,000円の値段をつけて出品しなさい、というものでした。
つまりは「商材として、オークションに掛けること」を売りなさい、ということで、ちょっと自分でも何言ってるのか、何書いてるのか分からなくなってきましたが、酷いものでした。
値段の付け方がミソだそうです。その時の物価とか景気とかを鑑みて付けるのだそうです。

 

結局、購入しました。

どういうシステムでその買った情報を渡すのか、ずっと疑問でした。
秘密のアドレスを教えてくれたり、とか、PDFファイルがメールに添付されたり、とかかなと思ってたけど、違いました。

個別のトークルームというところに入り、LINEのようなチャットのような遣り取りをして、なんとその情報は、そこに記される。テキストで貼られるわけです。なるほどね。なんと簡略的な。
コピーとか再配布とかし放題だけど、そんなのぜんぜん構わないんでしょう。認めてるというわけでなくて、対策を講ずるような面倒なことをするまでもない、という意味です。

 

はたしてその内容は!

もちろん、僕が500円で購入したものだし、公に記すというのは大きな問題だと思うし、それに実際記すまでもなかったりして…。

もちろん「騙された!」とは言わないし、言えません。

いい勉強になりました。
そうか、情報商材というのはこういうものなんだ、という。

基本的に、素行を良くしなさい、綺麗に生活しなさい、真面目に生きなさい、という当たり前といえば当たり前のことが書いてありました。でもそのあたり前のことがなかなか出来ないんですよね。

 

お金に好かれる為の10個の事例があり、そのうち簡単な何個かを実践してみました。

どうでしょう、効果、あり、かな?

 

f:id:kenji_2387:20170920060205j:plain
f:id:kenji_2387:20170920060204j:plain



 

 

ではでは。