下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

憂鬱になる映画を敢えて観て、さらに深く落ち込んで楽しもう!

f:id:kenji_2387:20170826122126p:plain

観ると、とても嫌〜な気分になる映画があります。

気分だけならマシな方で、体調が悪くなったり、以降の生活や仕事にまで支障をきたすような強烈な映画もあります。
なんでお金払ってまで、こんな気分にならなきゃならないのかと、憤りを感じることさえあるかと思います。

それは、前評判を聞いていても敢えて観て、憂鬱になる場合もあれば、全く無防備なまま観ていて、あまりのことに打ちのめされる場合もあります。
もちろんショックのレベルは後者のほうが格段に大きいでしょう。

 

憂鬱のツボ

同じ映画を観ても、人それぞれで、面白かったり詰まらなかったり。ブルーになったりならなかったり。なんともなく「笑いのツボ」がそれぞれ各人にあるように、「憂鬱のツボ」というのもあるのではないでしょうか。


そんな僕の「憂鬱のツボ」に響いた作品を少しずつ紹介します。
確かに憂鬱になりますが、それはそれで、その作品が優れているということではないでしょうかね。
基本的にAmazonプライムに加入していれば無料で観られる作品の中から選びました(中には有料のもののあるかも)。

 

 

毎日楽しくてハッピーな人も、嫌なことばっかりでブルーな人も、観てみればいじゃないですか。よりハッピーになるかもしれないし、さらにブルーになるかもしれません。
でもね、それでいいんじゃないかと思います。

観なきゃいいのにね。でも観たくなっちゃうんですね。面白いですね、人間って。

 

ではさっそく。

 

 

凶悪

まずは日本映画から。
山田孝之
 リリー・フランキー ピエール瀧 が出演。
僕は3人とも大好きな俳優(?)なのですが、リリー・フランキーとピエール瀧がもう強烈に「凶悪」です。平気な顔して、バラバラにしたり火をつけたり生き埋めにしたりします。何をって、えーと、人間をです。笑いながらしちゃってます。
恐ろしかったです。実話を元にしたストーリーだそうですが、あまりにも酷すぎます。
地上波では放送できないレベルの映画だと思います。
3人のうち誰かのファンならば、観ておいていいかもしれません。山田孝之は唯一の普通の人(記者)でした。

 

 

 

ミスト

これは前情報ゼロで観たのですが、本当に勘弁して欲しかったです。
あの、衝撃のラスト。
原作はあのスティーブン・キングだそうですが、映画と原作は少し内容が違うそうです。そうですね、いくらスティーブン・キングといえどもでもあんなラストは書いてないのでは思います。
僕は次の日、仕事を休みました。駄目じゃん。

 

 

 

セブン

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件。

有名な作品ですね。これも衝撃のラスト。
駄目だよ、ブラピ、駄目駄目!って思うんだけど、結局ブラピはやってしまいます。
気持ちは分かるけど、すごーく嫌な気分。

この頃のブラット・ピットが一番格好良かったと思います。モーガン・フリーマンもいい味出してます。

 

 

 

リミット

イラクで働くアメリカ人労働者ポール・コンロイは襲撃を受け、目覚めたら棺に入れられ土の中にいた。手元にあるものは携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒。なぜここに入れられたのか?果たしてここから脱出できるのか?残された空気からタイムリミットは迫っている。

ほら、僕って極度の閉所恐怖症の人じゃないですか〜(知らん!)

開始30秒で具合が悪くなってしまいました。まだ酸素の心配があまりなかったのが良かったかな。よくあるパターンだと、閉じ込められた状態で、水が入ってきて大変!となるんだけど、この映画では、砂が迫ってきます。
かなり前にも似たようなシチュエーションの映画を観たと思いますが、最近のは被害者(埋められた人)が携帯電話を持ってたりします。ご時世ですね。

棺桶の中、なう。とか、【拡散希望】掘り出して下さい。とか、つぶやいてたら面白いですね。いや、面白くない。意外とインスタ映えする場所かもしれません。

「すまん、君の入ってる棺じゃなかった・・・」

 

 

 

127時間

金曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発した。だが、運命の瞬間が彼に襲いかかる。落石に右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。
衰弱した身体を引き裂くように襲いかかる後悔、そして湧き上がる命への情熱。生きたい。生き直したい――!
そして生命の限界を超えた127時間後、遂に彼は〈決断〉する――。

ひえ〜。決断て、アレですか?アレするしかないじゃないですか!
自分の手で?麻酔もなしに?

僕だったらそのまま衰弱して死んじゃうのかなあ。それとも野生動物に無防備のまま襲われてくわれちゃうのかなあ。

 

 

 

ソウ

 

目が覚めると、老巧化したバスルームに横たわり、足首には鋼鉄の鎖、対角線上にはもう一人の男、そして間には自殺死体…という理解不能な状況におかれた二人の男と、連続殺人犯を追う刑事を描いた恐怖の限界に挑むソリッド・シチュエーション・スリラー第1弾。

こ、これは、怖いというか、痛い。
危険な状態から脱出するために、自分の体を傷つけたり、相手を陥れたりしなければいけない場合、どうしたら良いのだろう。夢にでそうな展開ばかりです。

この映画は、1~6までシリーズがあって、「ザ・ファイナル3D」というのまである。皆さんどれだけ痛い映画が好きなんだよって話です。
どうしても必要な鍵が、胃袋の中にあったり、硫酸の水槽の中にあったり、おいおいおい。

僕はまだ(まだ?)「2」までしか観れてません。
多分もう観ないんじゃないかと思います。

 

 


 

まだまだ続けます。

もちろん観てからの感想ですので、インプットに少々時間がかかります。
もしかしたら自分は隠れマゾヒストだったのではないかと思い始めてます。

 

ではでは。

 

Last update 2017/09/02