下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

芥川賞受賞作「影裏」を読みます。珍しく書評です。

第157回 芥川賞受賞作  沼田真佑 著 「影裏」

f:id:kenji_2387:20170729090855j:plain

なぜ今回、

芥川賞の受賞作を買って読んでみようと思ったかというと、著者が現在、僕の住んでいる盛岡で塾講師をしながら執筆活動をしており、、舞台も県内だったりするからです。

やはり知ってる地名が出てくると楽しいです。
あとはもうずっと3年くらいの間、財布の中に千円分の図書カードが入っていて、いい加減何か買ってしまいたかったから、というのもありました。だからキンドル、電子書籍ではでないです。

 

Amazonより引用。

第157回芥川賞受賞作。
大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。

北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。
ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。
いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、「あの日」以後、触れることになるのだが……。

樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ思いを繊細に描き出す。

 

 

「東日本大震災」と「セクシャルマイノリティー」を上手いこと融合させさというか、それらをストーリーに登場させたというか。結構、震災のことを小説で扱うのは、タブーだったと聞いたことがあります。
でも、こういう形での表現であれば、いちおう被災者である自分でも、いいのかなあという気持ちになりました。著者もおそらく被災者でしょうし。

この受賞した短編が処女作だったそうで、短編一作で単行本?と思ってたけど、そのとおりでした。

小さくて薄い本で、行間はスカスカです。

f:id:kenji_2387:20170729090856j:plain

 

著者が会見のとき言ってました。

「ジーパン1本しか持ってないのに、ベストジーニスト賞を受賞したようなもの」

という謙虚と自慢の中間のような言葉。
まあ気にすることはないと思います。

世の中には、メガネなんが普段かけてないのに、「メガネが似合う芸能人」に選ばれたり、裏で不倫ばかりしてるくせに、「ナイス・ファザー賞」を貰ったりしてる人、たくさんいると思いますから。

 

久し振りの、紙の書籍での読書。

とても楽しかったです。でも僕にはもっと先に読むべき本があったような…。

村上春樹とか、村上春樹とか、村上春樹とか…

そうですね、今年はお盆休みが結構長いので、一気読みしますか、ね!

 

ではでは。