下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

今が旬?タケノコご飯を作って食べよう!

f:id:kenji_2387:20170604213149p:plain

職場の人からたけのこを貰いました。

休みの日、突然思い立ち、かなり遠い場所にある知り合いの所有する山に入れてもらい収穫してきたのだそうです。

 

f:id:kenji_2387:20170604213049j:plain

 

ご丁寧にも、きちんと茹でて、アク抜きまでしてくれた模様。

因みに、たけのこのアク抜きには、糠を使うそうです。

糠だったらいっぱい持ってます。
参照:床上手なんだらっ♡と言われたい!|ぬか床の話です。恐縮です。

 

さてさて、今回はたけのこの炊き込みご飯を作ろうと思いまして、とりあえず皮を剥いていきます。

しかし、剥けども剥けども終わりがない。
僕は勘違いしてました。途中で芯のようなものがあり、剥けなくなるものだと。
あれは種類の違うたけのこですかね。
ラッキョウを与えられた猿のように、僕はただただどんどん剥き続けていたわけです。

だから結構損をしてしまいました。もったいないことをした。

 

それでもまあ、元が大きかったからか、コレくらいは残りました。

f:id:kenji_2387:20170604213039j:plain

 

断面の形状はよく見るとなかなか興味深いですね。
これから成長する可能性をすべて食べてしまうわけです。

 

シンプルにたけのこだけで炊き込もうかと思いましたが、すこし寂しいので他の具も。

 

f:id:kenji_2387:20170609103135j:plain

 

水とだし汁とミリンと酒と醤油を普段の水量まで入れて、その上に具材を載っける。

 

f:id:kenji_2387:20170604213030j:plain

 

炊飯器の炊き込みモードで1時間弱。

 

f:id:kenji_2387:20170609104212j:plain

 

完成!!

 

f:id:kenji_2387:20170604213019j:plain

 

盛り付け。

 

f:id:kenji_2387:20170604213008j:plain

 

(゚д゚)ウマー

 

 

たけのこってこんなに美味しかったのかと再発見し、感動しました。

癖になりそうです。簡単だったし、また作りたい。でも今回は、たけのこの下準備までしてもらってたわけで。
でもでもでも水煮とかも結構売ってるのを見るので、一年中楽しめますね。
これからどんどん作ろう!!
むしろいろんな物を炊き込んじゃおう!!

 

 

ではでは。

 


 

こんなのもアリかもしれません。