読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

手描き映画看板の世界へようこそ|@盛岡ピカデリー

スポンサードリンク

f:id:kenji_2387:20170219105929p:plain

手描きの映画看板って、味があっていいですよね。

盛岡ピカデリーという古い映画館があるのですが、そこの看板は常に手描きなのです。

何枚か撮って、インスタグラムにポストしていました。

 

 

 

名前がそれぞれ書いてあるけれど、敢えて訊きたい。

「えーと、誰?」

 

 

 

僕は、どうしてもチビノリダーに見える。

 

 

 

左は解る。左京さん、じゃなくて右京さん。さて、右の相棒は何代目?

 

 

80歳を超えたおじいさんが描いているのだそうです。

盛岡市中央通の映画館「盛岡ピカデリー」の入り口に、同市の小笠原正治さん(82)が上映作品の看板を描き続けている。日活専属の看板師を振り出しに60年。多くの銀幕スターを味わい深い看板に仕立て、盛岡の映画文化を支えてきた。
「映画看板一筋の人生。死ぬまで筆を握りたい」と現役を続行する。
子ども時代から絵が得意だった小笠原さんは、中学卒業後に市内の広告看板店に就職した。22歳の時、知人の映写技師から「映画の看板を描いてほしい」と頼まれたのが転機になった。初の看板は1955年に盛岡日活劇場(75年閉館)の開業記念で上映された「力道山物語」。「看板めがけて客が訪れ、映画館に吸い込まれていくのを見て心が躍った」と振り返る。  日活専属の看板師となり、月に20枚以上を仕上げた時代も。石原裕次郎の「太陽の季節」、安井昌二の「ビルマの堅琴」、小林旭の「ギターを持った渡り鳥」シリーズなどを手掛けた。独立して映画看板スタジオを設立し、盛岡の映画館と共に歩んだ。

  

― wikipediaより

 

 

f:id:kenji_2387:20170222100833p:plain

そんなに似ていなくても良い。
あえて似せる必要もないのかもしれない。
でもタイトルと雰囲気で、あぁ、あの人だとわかる。
そのぐらいで。 そんなに写実的差を求めるのなら、写真を使えば良いのだからね。

 

これからも応援するし、新作が展示されたら記録をとり続けようと思います。
写真撮るだけですが。

 

いや、それよりも、映画観ろっ!!って話ですよね!