読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ノ畑ニ居リマス。

 〜If I'm not there, I'm in a lower field.〜

Amazonの欲しいものリスト公開してる人ってなんなの?

f:id:kenji_2387:20170110212012j:plain

ご存知のように、

Amazonには欲しいものリストを作る機能があって、いろいろ商品を見てて、欲しかったり気になったりしたモノをそこに登録しておきます。後でそこから購入したり、もう一度考え直したりととても便利です。そこに入れておくと、値段が下がったりしたら教えてくれたりするし。

さらにご存知のように、

このリスト、普通は非公開なのですが、世界中に公開することも出来ます。匿名で。「僕はコレが欲しいんです!」って。そして、それを見た第三者がショッピングカートに入れると、なんとその品物は、ポチった人でなく、リストを作成した人の所に届けられる。しかも匿名で。

おいおいおい。

そんな奇特な人いるのかよ。って思ってたんですよ。
どっちもです。「自分の欲しいものリストを公開する人」と「そのリストを見て買ってあげる人」の両方がです。でも、結構いるみたい。ビックリだ。その図太い神経にビックリだ。
大好きなアイドルに贈り物をする感じ?お気に入りのキャバ嬢にプレゼントする感じ?大好きなブロガーさんを応援する感じなのかな。でも送った人の素性は送られ主はわからない。それって送った方は悲しくないかな。ないからやってるんだろうなぁ。
人気ブロガーのカリスマ性がなせる技なんだろうな。うん、羨ましい。

というわけで、僕も『ほしいものリスト』作ってみました。


こんなネタ、もう何人もの人がやってるだろうけど、あえてググって確認しないことにしています。そんなことしてたら何も書けなくなっちゃうからね。

f:id:kenji_2387:20170110215006j:plain

 もともとこの機能は、結婚祝いとか還暦の祝いとか、プレゼントを贈る時に、贈られる側が、既に持っているものを贈られても困るし、誰かと被っても困るから、そういうときの為にもあるらしいです。また、天災などで被災した時に、避難している人が本当に必要としているものを登録するってこともありましたね。